1. HOME
  2. 歴史
  3. 姫路の無外流

姫路の無外流

姫路の無外流は、高橋家が代々継承し、剣術は無外流、居合は自鏡流として指導されてきた。近代の剣豪高橋赳太郎先生は無外流として居合を行っていたが、実質は自鏡流の形であったと思われる。事情はわからないが、多数あった自鏡流の形が、一部を残して失伝してしまっており、歴史的な損失である。江戸時代には各地に広まった無外流であるが、形にこだわらなかった弊害として、明治の撃剣の流行の中でその多くが失伝してしまったことは残念でならない。姫路に残る「刃引之形」には、剣術としての無外流の特色がよく残されている。幕末の頃、無外流の剣士が活躍した話などあるが、無外流は市街戦に強く、逆袈裟と突きに特徴があるなどといわれたりもしている。実際には当時のことはわからないが、明治になって撃剣より発生した現代剣道の戦い方とは異なり、狭い路地や室内での斬り合いには、無外流の形に残されている技術は確かに有効であったかも知れない。また、無外流が世に評判となるきっかけとなった杉田庄左右衛門による仇討ちの一手が走り寄っての逆袈裟であったとされることも信ずれば、現在の走懸りの前腰という形がその一手であるかも知れない。明治の頃、剣道界で活躍した高橋赳太郎先生(姫路無外流)や川﨑善三郎先生(土佐無外流)など、当時の剣道界では群を抜く実力者であったことから、無外流とは、時代小説などに描かれる絵空事の剣術流儀ではなく、実際の立合で実力を発揮した流儀であることは間違いないであろう。また、当時は竹刀の打ち合いだけではなく、組み討ちまで当たり前に行われており、現代よりも実戦性を残していたといえる。